2012年03月26日

Story-4『番人を抱く部屋』

544012_179903262129259_100003287587086_282817_923605656_n.jpg

534772_179903408795911_100003287587086_282820_44729895_n.jpg

行方 園田裕樹
居留守 菅野貴夫

◎おはなし◎
持ち主のいない部屋に月の光が差し込んでいる。
身体はとっくに無くなり気持ちだけが残っている男に、大人になった孫がある決断を伝えにやってくる。

「部屋だって年を取る。人間と一緒だ。」
「・・・なあ、俺たち以外にも、何かいる?」

ひとつの時代の終わり、また生まれ変わるためのお話。

◎こばなし◎
男二人はハードボイルド風味に、と思って書き始めたのですが、最初だけでした。おかしいな。
四話目に持ってきたのは、部屋の話だから。
実際百想は貸しギャラリーとしては終わってしまうので、そのことも取り入れたかった。
写真、暗いですね。が、本番はもっと暗い中でやったのでした。
昼バージョンは、窓際から動かずに。
posted by sumika at 03:35| Comment(0) | 演出ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Story-3『遠く春を待つ部屋』

428837_179893212130264_100003287587086_282772_1509587204_n.jpg

375673_179894872130098_100003287587086_282775_1194010983_n.jpg

戸張 菅野貴夫
こより 村上直子

◎おはなし◎
妻に出て行かれ、一人で暮らす男の部屋。
神様の場所から、生まれてこれなかった女の子が会いに来る。

「こよりにお誕生日をください。」
「・・・それは・・・」

会うことの叶わなかった二人が交わす、約束のお話。

◎こばなし◎
この二人の組み合わせならこの設定で、と四つの中で真っ先に書けたお話です。
キーになる台詞からどんどん広がっていきました。
結構きっついのですが、どうしようもなくて内蔵抉られるような辛さを、毛布でくるんで抱きしめるようにしたかった。
会話は楽しく、目指すところは未来の光。
抱き合うところ、お父さんと子ども設定なんだけど、実際見た目は男と女だしベッドの上だしどうしたってセクシャルに見える、っていうのがやりたかった。
館ひろしが強面かっていうと、果たして。
posted by sumika at 02:50| Comment(0) | 演出ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Story-2『毛糸のある部屋』

559166_179883792131206_100003287587086_282730_562042594_n.jpg

522542_179885305464388_100003287587086_282748_382398518_n.jpg

いと サキヒナタ
ロムニー 園田裕樹

◎おはなし◎
ひとりで眠れない女の子の部屋、なぜか毛糸が集まってくる。
持ってくるのは彼女の愛犬。

「だからロムは絶対、ずっと私と一緒にいるんだからね。」
「(いるよ)」

一方通行の会話、願い。羊に囲まれた二人の話。

◎こばなし◎
この二人でやるなら動物の話、というのは最初から決めていました。
毛糸というアイテムから猫を連想した方もいたそうですが、一応は犬で。
ロムの足の裏に肉球的な水玉が付いていたの、見えましたでしょうか。
扱い方、扱われ方、はさすが、動物と暮らしているお二人です。
会話のルールが変わっているので、居方をどうしよう、ってなった時も、助けになったのはそこでした。
ベッドに毛糸で色が散らばるのが楽しくて堪らなかったな。
posted by sumika at 02:27| Comment(0) | 演出ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Story-1『音楽の聞こえない部屋』

542624_179868328799419_100003287587086_282692_823014280_n.jpg

306515_179878255465093_100003287587086_282715_1220604447_n.jpg

シルク(姉) 村上直子
リンネル(妹) サキヒナタ

◎おはなし◎
街の外れ、人目につかないよう隠された部屋。
病に臥せる妹に会いに来た姉。

「羨ましいわ、お姉さまのそういうところ。」
「ね、せめて私には言ってね。したいこと、ほしいもの。叶えてあげる、全部。」

ほんとうの願い、が交錯する、二人の王女の物語。

◎こばなし◎
初めはもうちょっとぴりっとした女友達の話になる予定でした。
が、気付いたら急激に方向転換。
二人がよく似てること、でも全く違うこと、DMから思い描くような「おはなし」を入れたかったこと、元々(中学の頃から)王女の話が好きなこと、言葉遣いの楽しさにどんどん書けてしまったこと、色々な理由があります。
表面的な言葉とその裏にあるものの関係が幾通りも考えられ、稽古中には後味も全く異なるものがいくつも出来ました。
その中から一番揺れがあるものを。
林檎を実際に切って食べる、というのがやれて楽しかった。
posted by sumika at 02:03| Comment(0) | 演出ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

飴玉公演終了しました。

380757_179915142128071_100003287587086_282873_2105621388_n.jpg

19日に、スミカ隠れ家の公演『囁く夜と飴玉のいくつか』公演終了しました。
関わってくださったみなさま、ご来場いただいたみなさま、それから百想に。
ありがとうございました。

書きたいことはいろいろ。
ゆっくり振り返って写真なども載せていこうと思っています。

大切に大切に、と思って手の中であたためていたものたちは、気付いたらとっくにいなくなっていました。
さみしいけど、これでいいんです。

原田優理子
posted by sumika at 00:08| Comment(0) | 演出ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。