2010年08月28日

『のるもの案内』を振り返るA

続きます。

◎よし。役者さんのこと書こう。本当は当日パンフレットに載せたかった。あ、パンフレットに載せる写真撮るとき、それぞれの手のひらに私が名前を書いたのですが、あれはやたら幸せだった。ある種の所有欲が満たされたのだと推測する。

◎黒澤世莉。前回の「池袋〜」では坊主だったのが許せなくて(笑)、今回は髪型普通にしてもらいました。世莉さんは距離の取り方の振れ幅が極端だと思う。近付く/何も受け付けないかのように見える。一点に集中してるとやたらセクシーな瞬間がある。

◎津留崎夏子。かつて彼女だった人、手が触れそうで、でも掴めない。そんな距離感を考えたときにこれはなっちゃんだと思ってお誘いしました。悪気なくにっこり笑う。でも深読みしたくなる。

◎金丸慎太郎。顔立ちが濃いめであるという世莉さんとの共通点が良いなと最初思っていた。慎太くんは色気ある。力抜けた方の。時間堂三人が大人なので、若者ポジションでバランスとってくれました。馬鹿に見えるどころか、賢いのだと思う。

◎大川翔子。等身大、男子に対してずるいとかちくしょーとかどきどきするとか、そんな女子要素を担当してもらいました。でもべたっとしないからいいんだよな。次にどう出るのか、引きつける意外性も。

◎菅野貴夫。がっしり感と遊びごころ。貴夫さんは大抵かっこいいです。好みとしては、低めから攻めてく方が。今回せっかくの電車好き部分をもうちょっと生かせればよかったと反省。

◎菊池美里。愛らしすぎてびっくりします。しました。お客さんをすぐに味方につけてしまう。ただの甘いものになってしまいそうなところに、ぴりっと。

◎鈴木浩司。浩司さん楽しそうに遊んでくれて嬉しかった。おもちゃみたいだった。あとウクレレ弾く姿が抜群で夏でした。身体関係のことも頼りになります、感謝。

◎戸谷絵里。通称妖精さん。現実感の無さがぴかいちなので、最初からそういうポジションにいてもらおうと。旅カードの選択は彼女次第。本番を動かしている演出家はとやちゃんだったのでした。

◎以上8人プラス原田優理子で『のるもの案内』お送りいたしました。これからZOKKY、国分寺大人倶楽部、箱庭円舞曲、乞局、JACROW、競泳水着、北京蝶々、ブルドッキングヘッドロックなどで活動を要チェックです。


菅野さん、菊池さんあたりちょっと感覚的過ぎる紹介ですがそのままにしときます。
私の言語ですが嘘は吐いてない。
これだけの役者を揃えておきながらもったいない、という感想もいただきました。
まったくだ、と私も思います。
時間をかけて稽古してきっちり詰めていけばまた全く違う世界がつくれる。
でも今回の公演の趣旨、あの場所でやることを考えると、それはそもそも目指していなかった。
無駄遣い、ではもちろんなく、この9人だからこその感覚/遊び心部分で出来た作品だと思います。
posted by sumika at 13:59| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。