2011年04月29日

出演者紹介(5) 菊池美里(かの子ーかのこ)

image-11.jpeg
image-5.jpeg

《出会い》
かなり前から出演作を観ていました。ちゃんと知り合ったのは『のるもの案内』で。

《特性》
にやり。遊び心。探究心。
時空を超える。変わらず在り続ける。

『のるもの案内』に続いてお願いしました。
彼女に出てもらえなかったら作品がどうなってたのか検討もつきません。
かの子という特殊な、特別な役を、地に足のついた人物として信じさせ続けてくれました。
派手なことしてないのに、つい見ちゃう。布巾で遊ぶとことか、ずっと見てられる。
子どもみたいな無邪気さがかえっておばあちゃんに見えるという不思議。

《今後の活動》
◇出演◇
趣向
「解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話」
2011年5月21日(土)〜5月23日(月)
KAAT(神奈川芸術劇場)大スタジオ
http://shukoushuko.blog48.fc2.com/
posted by sumika at 16:26| Comment(0) | とりどり出演者情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。