2012年02月29日

228稽古

今日、本がすべて出揃いました!

ゆりちゃん、ありがとう!お疲れ様!


変更を重ねた、とある物語は、ガラッと変わりました。


キュンキュンのバトンタッチだね、これは!

これをやる二人は「大変だな」と思ってるかも知れないけど、本人たちが思っている以上に良いものが伝わってくるから、安心して欲しいと思いました。本人たちには稽古場で言いませんでしたが(笑)

そのあとは、ゆりちゃんが来るまで役者陣で台本を覚えていたシーンの稽古。


女性二人のセリフ覚えの早さに対して、男性二人の焦燥感が芝居にも滲み出る、いい稽古でした。



台本からお芝居が文字通り立ち上がっていく、その過程を純粋に楽しみながらやっております。


プリンを作る会社で言えば、黄色い部分は捏ねていたら良い香りがしてきて、容器もかわいいのができそうで、あとはカラメルソースを…

ちょっと今自分が何をどう例えようとしたのか分からなくなりました。


とにかくいいんだよ。

菅野貴夫
posted by sumika at 02:28| Comment(0) | 稽古場より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。