2012年03月26日

Story-4『番人を抱く部屋』

544012_179903262129259_100003287587086_282817_923605656_n.jpg

534772_179903408795911_100003287587086_282820_44729895_n.jpg

行方 園田裕樹
居留守 菅野貴夫

◎おはなし◎
持ち主のいない部屋に月の光が差し込んでいる。
身体はとっくに無くなり気持ちだけが残っている男に、大人になった孫がある決断を伝えにやってくる。

「部屋だって年を取る。人間と一緒だ。」
「・・・なあ、俺たち以外にも、何かいる?」

ひとつの時代の終わり、また生まれ変わるためのお話。

◎こばなし◎
男二人はハードボイルド風味に、と思って書き始めたのですが、最初だけでした。おかしいな。
四話目に持ってきたのは、部屋の話だから。
実際百想は貸しギャラリーとしては終わってしまうので、そのことも取り入れたかった。
写真、暗いですね。が、本番はもっと暗い中でやったのでした。
昼バージョンは、窓際から動かずに。
posted by sumika at 03:35| Comment(0) | 演出ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。